Eres mi única ESTRELLA brillante

旅とGRとエストレヤ

本栖湖

暦の上では立冬だが、曇り空ながら気温はさほど低くなさそうなので絶好のツーリング日和といえますな。
 
10時出発。富士宮の「ひで」という手打ちそばのお店へ向かう。
 
f:id:ishiiruka0421:20200101194602j:image



予想以上にレベルの高い蕎麦屋で感激。ホスピタリティも素晴らしく、これは名店だな、と。
秋の天ぷらそばという、せいろと、秋刀魚、きのこなどの季節の野菜の天ぷらを頂く。天ぷらは当然塩で。いやはや旨すぎて飛び上がる。
 
f:id:ishiiruka0421:20200101194555j:image
 
f:id:ishiiruka0421:20200101194558j:image

f:id:ishiiruka0421:20200101194551j:image
店主さんの名刺をいただき、バイクで来ている、というと「ご安全に」と、なんとなく福島的な挨拶を。
 
 
せっかくだからもう一軒はしごしましょうかと向かった三四郎さんというお蕎麦屋さんは定休日。さすが安定の定休日ボーイ。
 
今日は紅葉の本栖湖を目指す。いつもの朝霧高原へ向かう139号線を北上。残念ながら富士山は雲に隠れて見えずじまいだったけれど、紅葉、というか紅葉が道を覆い尽くした湖の周りをゆっくり一周してると超楽しかった。
 
f:id:ishiiruka0421:20200101194544j:image
湖の南側は(あの)上九一色村

f:id:ishiiruka0421:20200101194530j:image

f:id:ishiiruka0421:20200101194522j:image

f:id:ishiiruka0421:20200101194527j:image

f:id:ishiiruka0421:20200101194548j:image

f:id:ishiiruka0421:20200101194537j:image

f:id:ishiiruka0421:20200101194540j:image そして北側は身延町になる。
 
ゆるきゃん△でしまりんとなでしこがキャンプしていたまさにその場所ですな。
新兵器のGOPROのHERO6BLACKが大活躍(たぶん)
 
 
帰り道はまかいの牧場でポークジャーキーなどを買ったあと、西富士道路を80キロで飛ばして富士市内に戻り、タリーズで休憩。お天気はいいが富士山は見えず。暫くテラス席で読書。
 
 
日が傾いてきた頃、帰り道のスタンドで6.48リットル給油。今回はセンタースタンド立てて真っ直ぐの状態でぎりぎりまで給油してみた。意外に入らないな、もうちょっと使ってると思っていた。
 
 
アパートの駐車場に着いたあと、先日の続きで今度は右側のサイドバッグステーを取り付けようとしたが、なにをどうしてもまったくナットが緩まず、寒いのに汗をかきつつひたすら格闘した挙げ句に結局ギブアップ。これはもうバイク屋に持ち込まんとどうにもならんね。
 
というわけで16時帰宅。今日もいい休日でした。
 
積算距離552.0キロ