Eres mi única ESTRELLA brillante

旅とGRとエストレヤ

伊豆半島一周ツーリング(その2)

17時のチェックイン予定を知らせていたが、宿泊予定の「ホテルよしの」の駐車場についたのは17時20分頃。旅館に電話すると入り口までバイクを入れていいと言うのでお言葉に甘えて屋根の下へ。
 

f:id:ishiiruka0421:20200203202223j:plain

お部屋は大宴会場と言うか、食事の大広間の目の前。スタッフが夕食の用意に忙しく働いている。
 
素泊まりなので夕食は外で食べる予定で、まずは8階の露天風呂に。なんとこの湯船は周りが畳敷きである。
はじめここにお湯をかけて濡らしていいものかと思ったが、すぐにお湯が引いていって乾いていくのでどうやらこういうものらしい。それにしても珍しいと思う。
 
屋内の湯も外の湯船もまだ明るい夕方ということもあって誰もいなく貸切状態。のんびりと雲の形を眺めながらリラックス。極めて贅沢な時間だ。幸せ。
 
18時になったのでフロントにキーを預けて食事に出る。とりあえず伊東駅方向へ。
 

f:id:ishiiruka0421:20200203202229j:plain

自分としてはこじんまりとした居酒屋とか飲み屋とか大衆酒場で、金目鯛の干物で一杯やるか、煮物でちょっと飲むか、という気分だったのだがなかなかそういう店がない。
調べていおいた五味屋という酒場はなんと臨時?休業である。おそろしい。おそろしいまでの臨時休業ボーイの神通力。
 
仕方ないのでブラブラして割と高い大衆割烹とは名ばかりの自分的にはぼったくりに近いのでは?という料理屋に入ってみたが、まあ女将さんの応対が良かったのと、隣りに座った常連さんといい話ができたので良しとする。
高かったけどね・・・。

f:id:ishiiruka0421:20200203202213j:image

f:id:ishiiruka0421:20200203202217j:image

f:id:ishiiruka0421:20200203202234j:image

さらにブラブラしてみたがあまり気分的にしっくりする店がなかったのでまたしてもちょいと普段行くお店よりもお高い価格帯のお店に入って
金目鯛の味噌漬け焼き
磯自慢 吟醸 焼津のお酒
初亀 特別純米 藤枝のお酒
といったところででしんみり飲むことにする。
 
さらに、赤ちょうちんと寂れた佇まいが非常に酒飲みのレーダーを引きつけるお店を発見。
モツ焼きひさごとある。
 

f:id:ishiiruka0421:20200203202209j:plain

 

f:id:ishiiruka0421:20200203202239j:plain



伊東みたいな魚の美味しいところでモツ焼きってのもどうなのよ、という複雑な思いもあったものの、まあそういうのもアリでしょうとうことで入ってみたが、このひさご、というお店、個人的に大ヒット。いいお店でした。
 
レモンサワー2杯呑んで、煮込み食べてむろの干物を焼いてもらってお勘定。満足、満足。
 
旅館に歩いて戻って、温泉入ってレモンサワー飲みながらテレビ眺めて寝る。