Eres mi única ESTRELLA brillante

旅とGRとエストレヤ

善入寺島の向日葵と背脂醤油つけ麺

髪を切ってもらいながらタウン誌を眺め、今日の予定を立てる。


おそらくは真夏日。32度は超えるであろう。朝から強烈な日差しだ。

 

f:id:ishiiruka0421:20220805133850j:image


まずは開店直後の王者-23さんへ。
割とこの時間は空いていて、待ちは無し。

 

f:id:ishiiruka0421:20220805133924j:image


限定の背脂醤油つけ麺を並盛りで。

 

f:id:ishiiruka0421:20220805133946j:image


まさに悪魔的な清湯スープ。
そして麺の食感。素晴らしすぎる。スープ割りして全部飲んじゃった。
これは大盛りでよかったな。

 

f:id:ishiiruka0421:20220805133854j:image


善入寺島吉野川の中洲。巨大な島だ。以前は人が住んでいたというが、川の上ということもあって市から立ち退きを告げられて、今は畑しかない。


と、いう話を先日東新町の飲み屋で、常連のお客さんから聞いた。


ここに、今まさに向日葵が群生している畑が満開なのだ。

 

f:id:ishiiruka0421:20220805133920j:image


R318を真っ直ぐ石井町を抜け、R192を川島神社の山門で右へ入り、細い県道2号線へ。川沿いの堤防を回り込み、川島橋を渡る。

 

f:id:ishiiruka0421:20220805133942j:image


いわゆる潜水橋。細い一本道で欄干もほぼないに等しいので車は交互通行。

 

f:id:ishiiruka0421:20220805133910j:image


あまりの景色の良さによそ見をすると橋の端から落ちてしまいそうで怖い。


やはり教習所の一本橋が役に立つシチュエーションってあるんだなあ。まあさすがにあんなに細くはないが。

 

f:id:ishiiruka0421:20220805133859j:image


退避スペースでバイクを停めて写真を撮って、いよいよ善入寺島へ上陸。

 

f:id:ishiiruka0421:20220805133905j:image


吉野川に浮かんでる島、とは言え巨大すぎて島の感覚はない。すでに下を向いて枯れ始めてるひまわり畑を抜けて、現在満開の一画へと。

 

f:id:ishiiruka0421:20220805133917j:image


大勢のギャラリーが道路脇に車を停めて写真を撮っている。イメージビデオとか、そういう宣材にも使われる一部では有名な場所なんだそうな。

 

f:id:ishiiruka0421:20220805133937j:image


頭の中ではサザンの、「さよならベイビー」が流れ続ける。

 

f:id:ishiiruka0421:20220805133913j:image


しばらくぐるぐると島を回ったのち、再び潜水橋を渡って吉野川の南岸へ。

 


帰りは元来たR318を佐古から神山へ抜けるルートで八万へ。


14:00帰宅。
6889.6キロ。


汗だくの身体をシャワーで流してほっと一息。
今日も良い休日でした。


夏だね!

 

2021/07/24

 

tabelog.com