Eres mi única ESTRELLA brillante

旅とGRとエストレヤ

RIDERS PARADISE ライダーズパラダイス

先週インスタにて国道55線のツーリングをしてる方の投稿を見て、文字通り衝動的に室戸まで行きたくなって秒で宿を予約。


そして当日。予想通り真夏日、下手すりゃ猛暑日の徳島。


午前9:20に出発。
文化の森から55線へ。まずは小松島で給油する。
リッター146円で5.58L入って815円。
燃費は25.5キロ/L
メインタンク容量が11.3Lなので、オドメーターで288キロを指すあたりまで走れる計算に。

 


ロングツーリングでのレトロシートの効果は抜群だ。
全く尻が痛くならないし、疲れも無い。これは素晴らしいな。


阿南を抜けて日和佐へ。以前薬王寺に行ったときにはいわゆる日和佐ロードの無料区間を走ったのだけれど、今回は急ぐ理由もないのでのんびりR55を走る。山の中のワインディングで結構走りやすくて楽しい。


最近ずっと東京リベンジャー観てるせいでヒゲダンの「Cry Baby」が流れますね、脳内に。
転調、転調を繰り返す。

 

f:id:ishiiruka0421:20220830105737j:image


薬王寺の側の道の駅日和佐で休憩。ポカリを買って、ここから先はいよいよ走ったことのない道へ。


牟岐町を越えて海陽町へ。牟岐55ラーメンというのが気になる。


黒潮の味 家形船という巨大な船を象った料理屋の横を通り過ぎ、南へ南へ。


鯖大師本坊というお寺が見えてくる。最初、鯖?と見間違えだのかと思ったが、やはり鯖だ。鯖瀬という駅もあるようなので鯖と関係ある場所なのだろうか。
あとで調べてみたら四国別格霊場の第4番札所で、鯖を持った大師さまがいるお寺なのだそうだ。

 

f:id:ishiiruka0421:20220830105653j:image


左手に大砂海水浴場が見えてくる。大勢のサーファーの姿が。おそらく徳島県内の海水浴場は今年も設営されてないだろうから、海水浴客というよりサーファーなのだろうなあ。

 

f:id:ishiiruka0421:20220830105745j:image


海部町に入る。


白浜海水浴場で休憩。海の駅東洋町、という施設が併設。例によってサーファーの家族連れなどが駐車場に大勢。
浮き輪やビーチパラソルの店や屋台が出ていて結構賑わっていた。

 

f:id:ishiiruka0421:20220830105649j:image


さらに55号線を南へ。


目的地の一つであるライダーズパラダイスへ。

 

f:id:ishiiruka0421:20220830105813j:image


マイク真木的な風貌のオーナーの荻野氏がにこやかに迎え入れてくれて、バイクを停めてひと休み。

 

f:id:ishiiruka0421:20220830105759j:image

 

f:id:ishiiruka0421:20220830105807j:image


メニューのカレー(イリカス入り)とアイスコーヒーを注文して、カフェの中の旧車を眺めて待つ。

 

f:id:ishiiruka0421:20220830105723j:image


カレーは何処で食べます?と奥さんに聞かれたので、あまりにもガレージ内は暑すぎるので外のテーブルで。

 

f:id:ishiiruka0421:20220830105716j:image


風が吹いてくるので、灼熱の屋内よりはマシ。人懐こい犬(クマ)が尻尾を振って愛想を振りまいてくる。

 

f:id:ishiiruka0421:20220830105817j:image


あとで、海が見えるハンモックの涼しい場所、案内しますよ、と荻野氏。


カレーを食べ終わると、オーナーが近づいてきて、どうぞ!コーヒーのグラスもそのままお待ち下さい!と海の方へ。
ここはね、キャンプもできるんです。直火OKです。

 

f:id:ishiiruka0421:20220830105750j:image


林の中に入ると、オーナー手づくりのベンチ、ハンモックが現れる。すぐ目の前に海。これは素晴らしい環境だなあ。

 

f:id:ishiiruka0421:20220830105821j:image

 

どうぞごゆっくり!とオーナーが去る。




f:id:ishiiruka0421:20220830105732j:image


f:id:ishiiruka0421:20220830105755j:image


f:id:ishiiruka0421:20220830105803j:image

 

午後の日差しがほぼ真上から降り注ぎ、波の音しか聞こえず、これは文字通り天国だな。


f:id:ishiiruka0421:20220830105712j:image


f:id:ishiiruka0421:20220830105639j:image




f:id:ishiiruka0421:20220830105658j:image

 


小一時間ほどのんびりして、オーナーに挨拶し、記念写真を撮ってもらってライダーズパラダイスを出る。


ここから室戸岬までの道を、おそらく世界中で一番走っている荻野氏、アコウ林には案内表示に従って行ったら遠回りになるよ、などとためになる話を聞かせてもらえる。まさにここはライダーのためのパラダイスだ。


作成中のこのガレージが完成した頃にまた来てみたい。キャンプしたいねぇ。



 

f:id:ishiiruka0421:20220830105708j:image

 

(続く)

 

2021/07/30