Eres mi única ESTRELLA brillante

旅とGRとエストレヤ

夏の日の小松海岸

毎日毎日猛暑日が続いて外に出るのが億劫になるのだけれど、今日は海を見に行きたかったので11時にバイクに火を入れる。


末広大橋を渡り、更にしらさぎ大橋を越えて川内へ。
毎度のことだけれど、バイクでこの橋のいちばん上辺りを走行していると、ふと横を見てあまりの高さにちょっと身震いしてしまう。


先日まで、南の方の海岸ばかり行っていたけれど今回は徳島市の北の方の海、小松海岸海水浴場へ。

 

f:id:ishiiruka0421:20210409225433j:image

 

f:id:ishiiruka0421:20210409225441j:image

もちろん今年は海開きは中止で遊泳禁止の海水浴場なのだが、例によってサーファーがいっぱい。小松海岸の方では釣りをしている人影も。
この暑さの中ご苦労なこった。

 

f:id:ishiiruka0421:20210409225454j:image

 

f:id:ishiiruka0421:20210409225429j:image

 

f:id:ishiiruka0421:20210409225459j:image

 

f:id:ishiiruka0421:20210409225448j:image


しばらく波打ち際でぼんやり海を眺めたあと、熱中症になる前に11号線へ。


f:id:ishiiruka0421:20210409225415j:image


自販機で買ったアクエリアスが一瞬でぬるくなってしまう陽気。

 

f:id:ishiiruka0421:20210409225426j:image


吉野川大橋へ向かう途中でスロットルをひねっても反応がなくなるという、毎度のパターンに。

 

f:id:ishiiruka0421:20210409225410j:image

 

どうやら286キロ走ったところでガス欠になったみたい。路肩に停めてリザーブタンクに切り替え、そのまま沖浜へ。

 

f:id:ishiiruka0421:20210409225423j:image


いつものガソリンスタンドで給油。9.28リットル。1,141円。


ちょうど昼過ぎのいい時間だったので、鮎喰新浜線を抜けて、王者-23へ。
この陽気でも眉山の西側の道は日陰になっていて比較的涼しくて走りやすい。

 

f:id:ishiiruka0421:20210409225419j:image

 

限定の富山ブラックを頂いて、超満足。
自分の知ってる富山ブラックとはいささか趣を異とするものの、美味しかった。というかこっちのほうがだんぜん美味いと思う。


しかしまあ、何しろ富山で最後に食べたのはあの東日本大震災の前だもんなぁ。思い出補正というのもあるかもしれんが。

 

f:id:ishiiruka0421:20210409225438j:image


来たときには1台しか停まっていなかった駐車スペースも、変えるときには満車に。


市街地を走るのは暑くてうんざりなので、来た時と同じく山道を通って帰宅する。

 


ギアを落として登っていく急勾配のワインディングの途中で、道端に柴犬が一匹、途方に暮れたような表情で座っているのを発見。


飼い主に置いてけぼりにされたのだろうか、こんな山の中に。
捨て犬だとしたら、飼い主はとんでもないクズだ。かわいそうに。
思わず怒りにハンドル操作が疎かになる。車体を倒したり戻したりの連続の登り坂で、思いがけないシチュエーションにでくわすとバランスが崩れるのでほんとやめて欲しい。


不幸な犬に思いを馳せつつ14:00帰着。


5163.8キロ走行。


暑い暑いと言っててもやはりなんだかんだいって夏は好きなのだ。


2020/08/22