Eres mi única ESTRELLA brillante

旅とGRとエストレヤ

どあひ

雨が降りそうだなぁ・・・、と若干心配しながら10時出発。
 
目指す蕎麦屋は人里離れた山の中、林道を進み、信じられないような獣道をすすみ、ようやくのことで到着。
老夫婦が営むその蕎麦屋は、知る人ぞ知る秘境の名店。石挽の十割蕎麦をいただき、満足してもと来た林道を戻る。
 
f:id:ishiiruka0421:20191231221043j:image

f:id:ishiiruka0421:20191231221100j:image

f:id:ishiiruka0421:20191231221055j:image
 
どあひの蕎麦は美味しいのは美味しいのだけれど、いかんせん量が少ないので、ちょうど開店した頃であろう古庵という蕎麦屋さんへ向かう。蕎麦屋のはしごである。
 
店員さんが、私が席につくなり「天ぷら、時間かかります」というのでそこは気を利かせておろし蕎麦にする。
今日から新そば、ということで、タイミングの良さを噛み締めつつ、辛子大根の薬味でするするっと一枚。
やはり蕎麦は大盛りなんて頼んじゃいけません。足りなきゃもう一枚頼むのが粋ってもんです。
 

f:id:ishiiruka0421:20191231221412j:plain

f:id:ishiiruka0421:20191231221430j:plain



 
 
蕎麦屋を出ると、184号線を北に向かい、先日行った蕎麦屋の一閑人の横を通り抜け、紅葉の走り、という感じの田貫湖に。南キャンプ場の自動二輪専用の駐車場にバイクを停め、歩いて1周3キロちょいのサイクリングコースを歩いて回る。
 

f:id:ishiiruka0421:20191231221427j:plain

f:id:ishiiruka0421:20191231221422j:plain

f:id:ishiiruka0421:20191231221417j:plain




これはいい運動になるわ~。
空気は11月のそれなりに冷たい感じだが、心配していた雨は降る様子がないので気持ちのいい散歩コース。まさにゆるキャン△の世界。
 
帰りは西富士道路をひた走り富士市へ。しかし阿幸地、あのラジオの交通情報でよく聞く交差点で案の定渋滞に捕まり、脇道に右折する。
 
身延線の線路沿いを富士市に戻り、ふと思い立って職場に寄ったら駐車場で左足のブーツの靴底がパカっと剥がれて、超ショック。
シフトチェンジと発進の際の足を下ろすのにむちゃくちゃ苦労する。しかも超かっこ悪いし。
 
帰宅して先日来懸案のサイドバッグステーを取り付けようとしてみたが、手持ちのコンビネーションレンチではびくともしない。
文字通り全く動かないのでこれは別の工具が必要だな、とジャンボエンチョーに車まで行って、靴底用の接着剤と12番のクロスレンチとハンマーを購入。
 
これで完璧、かと思いきや、なかなか手こずる。外側のナットは12号だがフェンダーの内側は14号。2つのレンチを駆使してなんとか緩める。あたりがだんだん暗くなって焦るが、なんとか左側は装着完了。右側は後日にしょう。力尽きた・・・。
 
いやあ今日もいい休日であった。
 
積算距離443.9キロ