Eres mi única ESTRELLA brillante

旅とGRとエストレヤ

忍野八海

今日は山梨方面へ足を伸ばしてみよう、と10時前に出発。
 
お天気がいいのでそれほど寒くないかな、と思っていたが、やはり風があたっているとかなり寒く感じ始めたので富士宮のローソンの駐車場でヒートテックをもう一枚重ね着。
それでもやはり喉元から冷気が半端なく忍び寄ってくる。信号などて停車すると暖かいんだけれどもね。
 
今回は139号線からまかいの牧場を通る道ではなく、ミルクランドの横を抜けていく71号線を通過。
富士花鳥園を通り、本栖湖の入り口を左に見ながらそのまま進めば朝霧高原で合流して再び139号線に。
なぜかナビはミルクランドを目的地にすると、ここまで来てから戻るルートを指示するんだけど、意味がわからん。
 
今日はそのまま青木ヶ原の樹海の横を紅葉を眺めながら西湖方面へ。河口湖の横を走り、富士急ハイランドを遠くにみやりつつ、忍野へ向かう。
 
先週のアド街忍野八海をやっていて、なにやら面白そうなので今日の目的地はここ、忍野八海
 
そのテレビでやっていた天祥庵さんは残念ながら水曜休日だったので、八海のそばにある蕎麦屋(しゃれではない)池本茶屋さんでつけとろろそばを頂く。
 
実際来てみると本当に茅葺屋根ばかりだ。
いわゆる忍野八海霊場も紅葉が水面に写り、とても美しかった。
 
f:id:ishiiruka0421:20191229235411j:image

f:id:ishiiruka0421:20191229235418j:image

f:id:ishiiruka0421:20191229235421j:image

f:id:ishiiruka0421:20191229235359j:image

f:id:ishiiruka0421:20191229235405j:image
 
山中湖ほとりのセブンイレブンでバイクを停めて、ネックウォーマーを購入。これがかなりいい感じ。しかしセブンの700円以上のくじで詰替え用のリセッシュが当たったのには閉口した。何故にツーリング途中で詰替え用リセッシュ(;´Д`)
 
帰り道、快適に走行していたが、林の中の道でエンジンが咳き込むような感じになって突然エンジンが止まる。はて?寒い空気ばかり吸わしていたのでキャブがご機嫌をそこねたのかな?と一旦道端に止めて再起動してみるがセルを回すとエンジンは掛かるものの、ギアを入れたりスロットルを回してみるとすぐ止まってしまう。
 
・・・・まさか?
と車体を揺すってみると、ああ、ガソリンが無いのか!ガス欠だとこういう止まり方するんだ・・・。
いやぁマジか、恥ずかしながら予定外だった。
よく考えると前回の給油から確かに300キロ以上走ってるし、リッター30キロとしても13リットルのタンクからしてみればそろそろだ。
 
バイク生活はじめてのガス欠。さてさてコックをリザーブに切り替えて、恐る恐る始動してみると元気にエンジンがドコドコ言い出したので一安心。キャブとか、エンジンとか、そういう問題ではなかったので、一安心。勝手に不安になったりして、エストレヤくん、ごめん。
 
たしかエストレヤのリザーブタンクは1.7リットル。これではたしてどこまで行けるかな?と若干焦りながらも富士市内に入り、ガソリンスタンドを探すが、こういうときに限って無いんだな、これが。
ようやっとのことでエネオスの看板を見つけたときは心底ホッとしたよ・・・。
 
250ccのバイク、というかエストレヤが、なのかもしれないけれど、高速巡航してるからと言って燃費が向上するわけではなく、むしろ全開で走ってるぶん、街乗りより燃費が悪化する傾向があるので高速道路なんか乗るときは気をつけねば、とは頭ではわかっていたが、いざとなるとやはり焦るね。
 
車体を傾けて給油してるせいか10リットルそこそこしか入らないので、あ、まだ残ってたんだと思うのは大きな勘違いで実は空っぽだったということも。今までスクーターも含めて燃料計のあるバイクしか乗ったことがなかったから油断したわ・・・。
 
まあ、とにかく無事に帰れてよかったよかった。
エストレヤくんの信頼性も改めて確認できたし、いい経験になりました。うん、いい車体です。
 
積算距離363.7キロ
 
2018/10/31