Eres mi única ESTRELLA brillante

旅とGRとエストレヤ

風待ちの丘 ルン

10:30出発。 いつものように文化の森から国道に出て、今日は一路北へ。鳴門方面へ向かう。 海沿いの道をびんび家を過ぎてしばらく走ると、左に折れる道が。 急な坂道をギアを落として登っていくと、お洒落なカフェが現れる。 風待ちの丘 ルン ルンとはなんと…

えっとぶりのTKMと、旅をする木

10時半出発。めざすは鮎喰の王者-23。 限定のTKM、夏の王者といえばコレである。ほぼ一年ぶりの再会。 熊谷のゴールデンタイガーの人気メニュー、たまごかけ麺。これが徳島でいただけるとは。 シンプルに麺と卵だけのメニューなので、こういう食べ方ができる…

受任者登録、カルピスバター釜玉、オートバイライフ

分厚い雲が空全体覆ってはいるけれど、天気予報では雨は降らないらしいので11:30に出発。 文化の森から55線へ。そして新倉町の市長リコール住民投票の会へと向かう。 先日も書いたが、気分的には 「メロスは激怒した。必ず、かの邪智暴虐の王を除かなければ…

『オートバイ・ライフ』(斎藤純/文春新書)

ヒトとオートバイとの融合と調和。つまりは精神とメカニズムの融合と調和。まさにいつもバイクに乗っているときに感じる感覚を、この本で改めて言語化されて、なるほど、そうだよな、と思う。 全編を通して示唆に富み、いまだ古臭くならず、また説教臭くもな…

キッチンぷらっと、そして大菩薩峠

正午過ぎに5分程暖機して出発。 目指すは南昭和町のキッチンぷらっとさん。 以前から昼の定食が気になっていたのだが、ようやく行くことができた。 店の前のスペースがやや狭いので、どこにバイク停めたもんかと悩んだ挙げ句、扉を引いて店主さんに聞いてみ…

2年点検と讃岐うどん

そろそろ5000キロ走行、という区切りの時期になったので、レッドバロンに点検の予約を入れて、本日朝早起きして持ち込む。 雨ふりだったらやだなぁ、と思っていたが、結構な日差しの晴天でよかったよかった。革ジャンだと流石に暑い。 オイル交換含め1時間半…

バイクDEお遍路〜第一章「灼熱の夏」

バイクでお遍路してみようかな、と考えるライダーへの絶好のガイドブック 若い女性がバイクで、しかもキャブのエストレヤでお遍路するというだけでも胸アツなわけだ。逆打ちなので香川スタートで徳島は最後だから次巻、その次が非常に楽しみ。 歩き遍路とは…

幸せは白いTシャツ

せっかくの休みの日に朝から雨が降っていると恨めしい。 昨日までは寒いとはいえ、晴れていたのでとりわけね。 雨でも走れないってことはないし、今までもレインコンディションで走っていたことは何度もあるのだけれど。やはりツーリングの途中で雨に出くわ…

フロントフォークのオーバーホール

朝起きて、10時半にレッドバロン徳島にエストレヤを持ち込む。 作業にだいたい2時間ほどかかる、ということなのでロッカーにヘルメットを預けて、近所のスタバでカプチーノを飲みながら「夏美のホタル」を読んで待つことに。 作者がオートバイ乗りの小説は読…

「雨の日の来訪者」斎藤純

広島へと向かう高速バスの往復で読んだ。 はっきりと車名は出てこないものの、見る人が見れば明らかにエストレヤとわかるカワサキの250ccのネオレトロな車体の描写。これを初老の作家が元気に駆って走る描写が素晴らしい。 ついこの間実際に自分が走った芦ノ…